【お知らせ】

~ありがとうございます~

スマイルクラブの「学習サポート教室」「保護者・関わる大人たちの勉強会」は

赤い羽根共同募金助成金事業の支援を受けて運営いたしております。

 

家庭を訪問する「スマイルクラブ」さんとは、違う団体です(^^)/
こんな活動♪しています♪
①関わる大人と保護者の、発達凸凹勉強会
②学習サポート教室「元気っ子」
③保護者、支援者のおしゃべり茶話会

スマイルクラブは宮崎市の子育てサークル、ASD(自閉症スペクトラム)、診断を受けていなくても特別なニーズを持つ子どもと関わる大人たちの集まり。 宮崎市民活動センター登録、宮崎市社会福祉協議会登録団体です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*講演会企画*

10月10日(月・祝)14:00~16:00(13:30開場)

「 気になる子のサポートとは ~発達障がいの理解と対応~ 」

会場:佐土原総合文化センター (宮崎市佐土原町下田島20527‐4)

参加費:500円・スマイルクラブ会員無料(当日受付でお支払い下さい)

※託児はありません

講師:星槎大学 准教授 西永堅(にしなが けん)先生

東京学芸大学教育学部心理臨床専攻卒業
東京学芸大学大学院教育学研究科障がい児教育専攻修了
星槎大学共生科学部専任講師を経て、現在、星槎大学共生科学部教授

私は、臨床心理学・行動分析学の視点から、障がいのある子ども達とその家族の支援を研

究してきました。障がいのない人の障がいのある人への一方向の支援ではなく、障がいのあるなしに関わらず、誰もがそれぞれお互いを支え合える社会(インクルージョン社会)を一緒に目指しませんか。

今回は、不登校についてのお話もいたします。

お申込・お問い合わせ:Mail:info@smileclub2525.com
TEL :090-7155-0917(カラシマ)
お申込の際に、氏名・電話番号・メールアドレスをお知らせください。
当日の受付も致します(^^)/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*支援者のための・・・

  LSA講座修了者フォローアップ講座*(準備中)

11月12日(土) 発達凸凹のある子ども達への学習支援

実践から学ぼう!支援者も仲間を作ろう!事例検討会

会場:調整中

アドバイザー:星槎大学特任教授・NPO法人エッジ代表 藤堂栄子氏

【タイムテーブル(予定)】

開場 12時30分

13時~14時      第1部 (年長児~小学校児)事例発表・質疑・意見交換

14時~14時20分             休憩

14時20分~15時20分 第2部 (中学生~高校受験)事例発表・質疑・意見交換

15時20分~16時    全体質疑・まとめ

懇親会:18時~20時くらいまで (宮崎市内:会費:4,000円前後)

 

学習支援員の養成講座(コース受講は締切ました)

LSA(Learning  Support  Assistant)ラーニング・サポート・アシスタントって?

NPO法人エッジが、東京都港区と協働して特別支援教育の中でも通常学級で基本的に知的には遅れのない発達障害(LD、ADHD、自閉症)などに対応する『学習支援員(LSA)』制度。
これまでに累計で500名以上の児童生徒への支援をしてきました。講座修了者は300名以上となり、学習支援員として通常学級内で支援にあたるほか、教員免許を取得して講師や教師になる人、心理職に就く人、児童館や放課後等児童デイサービス等で支援員として働いている人など数多くいます。
港区の取組みやその成果は、教育関係者や他の地域から多くの関心を持たれ、また、港区を参考のもと、全国各地で取組みをはじめ、拡がりをみせています。(NPO法人エッジHPより抜粋)

LSAとは?(パンフレットが表示されます)

★入門コースお申込み(NPO法人EDGE HP)※ネット受講で随時お申込できます
http://www.npo-edge.jp/work/lsa/apply/

★宮崎会場:1コマ・1日の単発受講は随時受け付けています。お問い合わせメールより連絡下さいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

障がいって何でしょう。 普通って何でしょう。
障害(凸凹)は適切な理解と支援があれば魅力的な個性になります。

ASD(自閉症スペクトラム)、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)等
発達に凸凹のある子ども達の困り感の根っこには、発達特性があるが故の理由があります。

子どもは、自分の感覚過敏や困り感を言葉で上手に表現できない存在です。

そして大人もまた、知らなければ適切な理解や支援に結びつけることは難しいでしょう。
ダイバーシティ(多様を認める社会)は、まずは知り、理解につなげることからはじまります。
スマイルクラブは、困り感を持つ親子、子どもに関わる大人たちのサークル(市民活動団体)です。
まずは自分から、足元から、理解へ向けて小さなアクションを起こしませんか?

最近の投稿

カテゴリー

  • カテゴリーなし
PAGETOP