スマイルクラブHPへようこそ!!

ASD(自閉症スペクトラム)、LD(学習障害)など子育てに困り感のある保護者・関わる大人たちの集まり。

宮崎市民活動センター登録、宮崎市社会福祉協議会登録団体です。

~ スマイルクラブ活動内容 ~
①保護者・支援者の発達凸凹勉強会
②保護者のおしゃべり茶話会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

発達特性のある子供たちの学びを支援する LSA(学習支援員)養成講座

Learning Support Assistant (LSA)は

通常学級の中で、支援の必要な子どもたちをサポートします。
発達凸凹により、聴覚過敏・感覚過敏・注意欠陥多動性障害(ADHD)
コミュニケーションが難しいお子さんやLD(学習障害:読み書き・計算・推論・聞く
・話す能力のうち、特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態)
のお子さんの困り感を観察しアセスメントして、
一人一人に合った方法でのアプローチや学びのサポートをします。
生育環境の中で理解者に出会えた子どもは、情緒が安定し、自己肯定感を持ち
周囲の人と心地よい関係を結びその子のペースで成長できる事がわかっています。

LSAとは?(←クリックしてください。パンフレットが表示されます)

※宮崎市の小・中学校には、スクールサポーター(特別支援教育支援員)
 という名称で2016年度は50名が配置されています。

2017年度LSA(学習支援員)養成講座 宮崎会場の運営は

「みやざき子どもサポートリンク(MCS)」に移行されます。

★宮崎会場本コース:8日間コース(3コマ×8回)

 受講料45,000円(テキスト代・修了証発行手数料込)

 基礎コース修了後に受けることができる発展的な内容。

 出席受講となります。修了規定を満たした方にLSA・修了証を発行します。

 修了試験に合格した方にLSA・IDカードを発行します。

 

●2017年度 本コース宮崎会場:お申込はコチラ

●2017年度 本コース日南会場:お申込はコチラ

●お申し込みはインターネット受付のみとさせていただきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

障がいって何でしょう。 
普通って何でしょう。

発達の凸凹は適切な理解と支援があれば魅力的な個性になります。
発達に凸凹のある子ども達の困り感の根っこには、発達特性があるが故の理由があります。

子どもは、自分の感覚過敏や困り感を言葉で上手に表現できない存在です。
そして大人もまた、知らなければ適切な理解や支援に結びつけることは難しいでしょう。

ダイバーシティ(多様を認める社会)は、まずは知り、理解につなげることからはじまります。
スマイルクラブは、困り感を持つ親子、子どもに関わる大人たちのサークル(市民活動団体)です。
まずは自分から、足元から、理解へ向けて小さなアクションを起こしませんか?
PAGETOP